【IN YOU掲載】足指の話

ウェブメディア IN YOUで、足指の話しと簡単にできる運動方法を紹介しています。

みなさんも是非試してみてくださいね!

冷え症の原因にもなる意外と重要な足指の話|理学療法士が教える足指のカンタン運動法

足の指は体の1番遠い場所にあるがゆえに放っておかれていることが多く、 気付かないうちに本来の機能が衰え、 使えなくなってしまっている人が急増しています。 特に女性においては、つま先の細いパンプスやハイヒールを履くことで持続的に足の指が圧迫され 長期的にストレスがかかることで、指が使えない状態に陥ります。 足の指の役割 足の指が使えなくても生きてはいけますが、 しっかりと機能することは、より良い体や健康づくりに役立ちます。 例えば足の指はこんな場面で活躍しています。 ■ 体重を支える 二足歩行の人間は、全体重を30cmに満たない足の裏で支えています。 正に、縁の下の力持ちです。 ■ 歩く時のバランスをとる、前方へ押し進める ■ 足先の血流を良くし、全身の巡りを助ける ■ 足のアーチを作る 足のアーチ構造が二足歩行を支える土台になっています。 ■ 足首、膝、股関節、背骨と密かに連携して、協調性をとっている。 足の指の機能は、体の色々な部分に影響を及ぼしています。 こんなに活躍指している足の指が衰えることは、 冷え、痛み(足に限らず)、他の関節への負担増、悪い姿勢などなど 様々な悪影響を及ぼしかねない大切な機能なのです。 セルフチェック 足の指の動きをチェックしてみましょう。 裸足になって行います。 チェック項目が全てクリアできていれば、いい足の指です。 クリアできない項目があれば機能が衰えています。 足の指で「グー」を作る 歩く時やバランスをとる時に使う、指を曲げる筋肉の機能をチェックします。 5本全ての指を丸め込みます。 指先だけちょこっと曲げるのではなく、可能な限りしっかり曲げます。 下のチェック項目が全てクリアしていれば合格です。 ☑ 痛みがなく、5本の指全てがしっかり曲がる。 ☑「グー」を作って、戻す、を最速で10回繰り返すことができる。 ☑ 10回の反復が途中で止まることなく滑らかに行える。 ☑ 最大限の力で10秒間「グー」を保つことが出来る。 ☑ 足をつらずに行える。 足の指で「パー」を作る 足のアーチ(土踏まずの部分など)を保つために重要な筋肉をチェックします。 5本全ての指を広げ、足の指で「パー」を作ります。 可能な限り、目一杯ひろげます。

IN YOU |マクロビオティックWEBマガジン

saya anda

saya anda

saya andaオリジナルオイルマッサージ 厳選植物が癒すアロマの香りと効能、ツボの刺激と、心地よいストロークで 心身が癒され、五感を呼び覚ます。 それは日常を離れ、自分を見つめなおす時間。

0コメント

  • 1000 / 1000