【IN YOU掲載】頻尿・尿漏れ対策!骨盤底筋の役割とトレーニング方法

ウェブメディア IN YOUで、骨盤底筋の役割とトレーニング方法を紹介しています。

みなさんも是非確認してみてくださいね!

ちょい漏れにご用心!頻尿を引き起こす骨盤底筋の役割と理学療法士が教える老若男女問わず実施できるトレーニング方法

骨盤底筋って? 骨盤底筋は英語でPelvic Floor musclesと言い、 Pelvic=骨盤、Floor=床、muscle=筋肉で、 骨盤の床のように骨盤の底に付着し、 骨盤の中にある腸、膀胱、子宮などの内臓を支えてくれている小さい筋肉達の集合体です。 骨盤の床を形成している骨盤底筋は、 妊娠、出産、加齢、肥満、便秘、激しいスポーツなどにより、 弱ってしまうことが明らかになっています。 骨盤底筋が衰えると起こる症状 骨盤底筋が弱ると起こる代表的な症状は、ちょい漏れと頻尿です。 くしゃみや咳、運動、何かしら腹圧のかかる動作を行った際に、 少量ながらもおしっこが漏れてしまう状態がちょい漏れです。 また、おしっこを溜める膀胱自体には問題がないにも関わらず 、頻尿(起床から就寝までの間に9回以上おしっこに行く)になりやすくなります。 40歳以上の4人に1人がちょい漏れしている 現代では40歳以上の4人に1人がちょい漏れ症状を持っています。 特に女性に多く、国民的な悩みと言えるちょい漏れですが、 専門家や病院に相談する人は殆どいないのが現状です。 こんなにも多くの方が抱えているちょい漏れですが、 骨盤底筋を鍛えれば多くの場合漏れなくなります。 これを機にちょい漏れを卒業しましょう。 ちょい漏れと骨盤底筋の関係 前述したように、骨盤底筋は骨盤の底を形成し、 骨盤の床として骨盤の中にある内臓を支えています。 骨盤の底は複数の筋肉が3層になって形成され、 複数の筋肉の総称を骨盤底筋と呼んでいます。 骨盤底筋の中には外尿道括約筋といって、 おしっこの通り道である尿道を閉めたり緩めたりする筋肉も含まれています。 そのため、骨盤底筋が弱くなると、尿道を閉める力が弱くなることになります。 尿道を閉める力が弱くなると、 咳やくしゃみ、運動や、ふとした動作等お腹に力が入った時に、 腹圧によって下方に圧迫される内臓を骨盤底筋の力で支えきれず、 尿道を閉めていた外尿道括約筋が緩んんでしまい、その瞬間にちょい漏れが起こります。 頻尿と骨盤底筋の関係 おしっこを溜めておく膀胱は骨盤底筋、靭帯、筋膜でバランスよく支えられています。 膀胱はしっかりと、安定して支えらえていることで十分におしっこを溜めることができます。

IN YOU |マクロビオティックWEBマガジン

saya anda

saya anda

saya andaオリジナルオイルマッサージ 厳選植物が癒すアロマの香りと効能、ツボの刺激と、心地よいストロークで 心身が癒され、五感を呼び覚ます。 それは日常を離れ、自分を見つめなおす時間。

0コメント

  • 1000 / 1000