【IN YOU掲載】座りすぎのリスクと解消対策

ウェブメディア IN YOUで、座りすぎのリスクと解消対策を紹介しています。

みなさんも是非試してみてくださいね!

座りすぎで死亡リスクが高まる?! 1日に12時間以上座っている人は要注意。良いことなしの座りすぎの代償とは? 理学療法士が提案する今日から実践できる座りすぎ解消策。

1日に何時間座っていますか? 自分やご家族が1日に何時間座っているか計算したことはありますか? 生活スタイルや職業、趣味、ライフステージによっても違ってくるかと思いますが、 「座りぐせ」がついていませんか? 「立っているとすぐ疲れてしまう」「すぐに座りたくなる」「電車で座っていないと辛い」 こんな感覚が思い当たる人は、座り癖がついてしまい、座りすぎになっている可能性があります。 自分や家族の生活を振り返り、何時間くらい座っている時間があるのか計算してみましょう。 座りすぎて死亡リスクが高まるって本当? 国立研究開発法人国立がん研究センター社会と健康研究センターの予防研究グループが、 定職を持つ75歳未満の36,516人に対して『職業性座位時間と死亡との関連』の研究を行いました。 報告によると、短時間座位群(1時間未満)に比べ、長時間座位(3時間以上)において、 男性では1.23倍死亡率が高くなり、女性では1.34倍高くなる傾向にあることがわかりました。 参考:『Occupational sitting time and risk of all-cause mortality among Japanese workers』Kikuchi H,et al. また、米コロンビア大学医学部のチームは、 1日に計12.5時間以上座って過ごし、 1度に30分以上座り続けていた人の死亡率が最も高かったと発表しています。 引用:「CNN.co.jp」 座っているときに身体にかかっている負担とは 座っているときに最も負担がかかっているのは、腰椎(椎間板)です。 座り方によって負担は多少変わるものの、座っているときに腰にかかる圧力は、 立っているときの1.4倍、寝ている時の5.6倍にもなります。 また、座って前傾姿勢(前かがみ、腰が丸まっている状態)では、 立っているときの1.85倍、寝ている時の7.4倍もの圧力が腰にかかっています。 日常生活の中では、ただ真っ直ぐ座っているという場面は少なく、 前かがみ、腰が丸まっている場面の方が多いことが伺えます。

IN YOU |マクロビオティックWEBマガジン

saya anda

saya anda

saya andaオリジナルオイルマッサージ 厳選植物が癒すアロマの香りと効能、ツボの刺激と、心地よいストロークで 心身が癒され、五感を呼び覚ます。 それは日常を離れ、自分を見つめなおす時間。

0コメント

  • 1000 / 1000